心地よい暮らしに

ブログ始めてみました。シンプルライフを目指して、色んなものを断捨離中。心地よい暮らしに。

読書記録

ここ数ヶ月に読んだ本
書き留めていないためうろ覚えですが。
書評でも作品紹介でもなく、ただ感想を書いてゆきます。ネタバレなどありませんので、ご安心ください。

 

 

 

『気品のルール』加藤ゑみ子著
私がお手本として日々読んでいる、加藤ゑみ子さんの本。
いくつか読み、いくつか手元に置いていますが、これは読んだことがありませんでした。

他の本はわりと目に見えるものについて書いていますが、こちらは精神的な意識的なもので、即効性のないもの。しかし、だからこそ繰り返し読み、身につけていきたいと思えるものでした。

 

 

『人生ノート』美輪明宏
美輪明宏さんのラジオを聞いたことをきっかけに、美輪明宏さん主演の舞台『葵上・卒塔婆小町』を観に行きました。そして美輪明宏さんが好きになり、彼を知るために本を読むことに。

彼の言葉に納得でき、また向上心や美意識の高さに感心し、私も共感する部分は見習うことにしました。
読む本や観る映画、聴く音楽や所有し身につける物、それらを選ぶ基準は、“自分が好きなもの”でした。そこに、“美しいもの・ロマンティックなもの” ということを意識するようになるきっかけになりました。

 

 

『天声美語』美輪明宏
先ほどの『人生ノート』と共に図書館で借りてきましたが、返却期限がきてしまい半分ぐらいしか読めず。また今度借りて続きを読みます。

 

 

秘密の花園』バーネット・フランシス・ボジソン著
少し前にジョナサン・オージエ著の『夜の庭師』を読みファンタジー小説のおもしろさを知り、こちらを手に取りました。
健やかで爽やか。いつか、自分の子供に読ませてあげたくなるような本でした。
映画化もされているみたいなので、観てみたいです。

 

 

『美しい距離』山崎ナオコーラ
図書館で話題の書として並べられていたので、手に取りました。あらすじも何も知らずに読みましたが、出会えてよかった作品。

癌で入院している妻の世話をする夫の話。重い話かと思いきや、さらさらと小川が流れるような文章や言葉で 終始爽やか。心地よい風が吹いているような感覚でした。
私もこんな男性の妻になりたいと、心から思えた。

そして文章の繊細さから 山崎ナオコーラさんはてっきり女性だと思っていたら、男性作家さんで驚きました。(笑)

 

 

『おとぎ話の忘れ物』小川洋子樋上公実子
大好きな作家さんである、小川洋子さんの本。
樋上公実子さんの素敵でちょっと毒のあるイラストと共に、小川洋子さんの短編がいくつかあり、絵本のようです。お伽話がテーマのこの本にとてもよく合い、とても綺麗でした。

この本の設定も中の短編も、やはり好き。
小川洋子さんの本は、なぜか読みたくなる時期と読みたくない時期があります。しかし、小川洋子さんの本自体はハズレがなくて、どれを読んでも好きなので安心して読めます。

 

 

 

また、気が向いたら読書記録を書きます。

おひさしぶりです

ごきげんよう

最近急に暑くなってきましたが、体調など崩されていませんか。
 
私は11月の冬生まれらしく暑さに弱い体質ですが、今はまだ元気でいます。
これから夏本番。体調管理をしっかりしていこうと、そして苦手な夏も 楽しい予定を入れることで好きになろうと、今から気合が入っています!
 
 


ブログを始めて思うこと。
私は長く言葉を綴ることはできるけれど、長文を書くことができません。
長い文章たちがきちんとまとまっており、起承転結があり、そして且つ ユーモアに溢れるような文章が書ける人を、羨ましく思います。
でも決して、私は書けない自分を悲観はしていないのです。
人それぞれ、得意不得意があり、好き嫌いがありますから。私はそれが、不得意だというだけのこと。
 
…と まぁこれは、ブログを更新しない言い訳でしかありません。(笑)
言葉を綴ることも 考えを文字に起こすのも好きなので、マイペースに更新していきますね。

 

 

 

最近、自分が読む本や観る映画について、考えていました。
人は、読み書き聞き話す言葉や音楽、そして見る風景や映像…それらで成り立つと思います。だからこそ、きちんと選ぶことが大切。


これは私自身が体験しているので言えるのですが、人は日頃触れるものに、良い方にも悪い方にも簡単に影響されてしまうものです。反面教師として 私の悪い方の例を、今度綴ってみようかな。(笑)

 

そして これからは、読書や映画鑑賞などを記録としてブログに書いていこうと思います。意識して選ぶきっかけになりますし、ブログの更新もできますし、一石二鳥です♡

 

 

 

それではみなさん

良い休日をお過ごしください。

マイルール

毎週末恒例 窓と床の拭き掃除、それからクローゼットの整理をしました。

 

宝塚歌劇団のOGの方がテレビ番組で話していた『宝塚学校の掃除は徹底していて、玄関の窓ガラスがピカピカすぎて、鳥が窓があると思わずぶつかったことがある』というお話に刺激を受け、私も窓をいつも以上にピカピカに磨きました。

クローゼットの整理では、なかなか出番のなかったショルダーバッグを手放すことにしました。

 

 

 

数年前から始めている断捨離

はじめこそ一気に断捨離したものですが、それ以降は、週末の掃除や整理整頓の時に少しずつ少しずつ物を手放してきました。

 

断捨離する際、どうしてそれが必要なくなったのかどうして断捨離しようと思ったのかを、メモするようにしています。

こうすることで、買い物する時に同じ失敗をすることがなくなるので便利です。

今回は、その一部をご紹介。

 

 

 

 

【黒いパンプス】

2cmのローヒール

ラウンドトゥでシンプルなデザイン

革は硬めの牛革

サイズ21.5cmでセミオーダー

 

手放した理由

・履いていると小指が痛くなる

・革が硬すぎて全然馴染まないため、歩きづらい

・シンプルなデザインとスムースの黒い革で、私が履くとリクルートパンプスのように見える

 

足のサイズが21.5cmなのですが パンプスとはいえ、きちきちでオーダーしすぎました。あの硬い革でぴったりサイズは、馴染むまでも耐えることはできませんでした。

また、ネットでのセミオーダーだったため、着用せずの購入でした。これ以降ネットでの買い物は、リピート商品や 店頭で実物を見たことのあるもののみにしています。

 

買い物のマイルール

・実物を見ていない 触れていない物は、ネットショップで買わない

・特に服や靴は、着心地 履き心地を確認してから買う

・気に入っても、自分の洋服とのバランスが合わなければ買わない

 

 

 

【ショルダーバッグ】

ブラウンのサッチェルバッグ

A4サイズが横にすっぽり入る大きさ

革は硬めの牛革

 

手放した理由

・硬い

・肩がこるほど重い

・大きすぎて使いにくい

 

サッチェルバッグの見た目が好きで、可愛くて買いましたが、なかなか出番がなかったこちらのショルダー。革が硬いのに加えて大きすぎたため、とにかく身動きが取りづらかったです。

また、買った当時は書類や資料や本が必須な仕事をしていたため、荷物がいつも多かったんです。でも転職してからは、この鞄は大きすぎました。

 

買い物のマイルール

・革製品の革は、柔らかいものを選ぶ

・身につけるもので重いものは買わない

・自分の身体にあった大きさを選ぶ

・自分のライフスタイルにあった大きさを選ぶ

 

 

 

これは一部ですが、二つを例に挙げただけでもわかることがたくさんあります。

私の場合 身長が150cm台と小さいこと、骨格診断ではウェーブタイプだということから、オーバーサイズや硬い素材はしっくりきません。それが如実に現れています。(買った当時は、もちろん知らずに買っていました。)

また、買い物の仕方も大切ですね。実際に見て、触れて、着用してから買うのとネットで写真だけ見て買うのとでは大違い。当たり前のことなのに、ネットショッピングに慣れてしまって忘れてしまっていました。

それから、妥協はしないということも大切だと思います。その場ではそんなに気にならないから少しぐらい妥協して買ったとしても、自分と共に過ごしてゆくうちに あれ?なんだか違う気がする…と違和感を感じると思うのです。

 

たくさん失敗してきたけれど、今となってはどれもが良い勉強でした。

普段使いする物は私らしいもの、好きなもので固められてきましたが、ワードローブに関してはまだまだ完成していません。失敗を活かして、のんびりマイペースに でも確実に、理想のワードローブを作り上げていきます。

 

 

 

スーツもしくはセットアップをオーダーメイドで作っていただくことになっており、来月 仕立屋さんに行くことになっています。

末長く付き合っていける私だけのお洋服に出会えるのかと思うと、とってもワクワクします!

 

またブログに書きますね。

書道教室

今朝、書道教室の無料体験に行ってきました。

そのことについて記憶や感じたことを忘れないうちに、書いておきたいと思います。

 

 

 

 私の書道経験といえば 書道教室には、小学生の時ニ年間ほど通ったことがありました。でも、先生がご両親の介護で教室を閉めたと同時に、私も書道を辞めました。

あと書道に触れた経験といえば、小学生の時に学校で。それから高校一年生の時、選択科目で書道を選択していたことぐらいでしょうか。

 

そんな私が何年かぶりに筆を握り、書いてみることに!

思いの外、昔と変わらない感覚で書けます。でも、当時と変わらず筆運びはぎこちなく上手くいかない。書道はやはり難しい。でも、それが楽しい。

 

また、書道には精神状態が現れるようで、先生が私の字を見て、心が安定していると仰っていました。

 

 

 

小さい頃からですが、正直、書道は好きだけど嫌いでした。筆を持つことも 炭や墨汁の香りも 日本語も漢字も 言葉も文字も 書くことも すべて大好き。

でも嫌いなのは、書道が上手な子と自分を比べてしまい、自分の作品がとても弱々しく醜く見えてしまうから。また、添削していただくことで、自分(の字)を否定されたように感じるから。

 

それはあくまでも私がそう感じているだけで、気にしなければいい話なのですが、当時の私は、人よりも認められたい 褒められたいという思いが強かったのかもしれません。

人よりも下手だから劣っているわけでも、訂正されたから否定されたわけでもないんですけどね。

 

書道が好きなのに、時々無性に書きたくなるのに、どうして今までしてこなかったんだろうと考えた時、過去の自分が好きなものを嫌いになってしまっていただけなんだと、気付きました。

 

そして、誰と比べるわけでもなく、自分と向き合うために、書道を始めることにしたのです。

 

 

 

自分と向き合うために 精神統一するために そして楽しむために 書道をしたいということもあり、教室探し(=先生探し)はたくさんしました。

自分が書道をする目的に合う先生を、また、自分の性格と合う先生を探すことに。

 

インターネットを利用して書道教室を探したり、近所を歩いていて見つけた張り紙をメモしたり…そうして、ある先生の書道教室にたどり着きました。

 

先生は三度の飯より書道が好きという方。級や段にはこだわらず、自分が楽しむために書道をする人のための教室。良いものをどんどん取り入れて指導していくため、柔軟でいてほしいとのことでした。

 

私、昔から本当に人には恵まれています。無意識的に、自分が心地良くいられる人の近くにいるだけなのかもしれませんが。

 

 

 

 

ツイッターでも書きましたが。

書道は、漢字の『一』ひとつ書くのもとても深い。ただの横線ではないのです。

 

『一』を書く時

筆を入れて筆を立てた後、一呼吸入れて気持ちを整える。到着点を見定めたら、息を止めて一気にそこへと筆を運ぶ。すると、始まりと終わりが丁寧で、堂々とした 迷いがない『一』になる。

このように、筆で書くとき意識することが日常生活での精神的なものにも通ずると先生も仰っていて、とても納得。

 

 

 

もっと他にもたくさんお話してくださいましたが、文字に起こすのは大変なのでこのくらいに。

 

そして、もうこの教室に通います!と宣言したくなるほどでしたが、実はまだしていません。というのも、教室は色々なところへ行ったかと聞かれ まだ書道教室はこちらしか見ていませんと伝えたところ、たくさんの教室に足を運んでみてほしいと言ってくださって。

 

無料体験や見学はどこでもしていただけると思うので、ぜひ見尽くしてください。そして自分に合うと思った教室を見つけてください。そうすることで、長く続けていただけると思います。

とのこと。

 

こんな風にアドバイスしてくださるとも思っていなかったので驚きましたが、とても親切だなと感じて。なので、これからまだ色々な教室へ行ってみようと思います。

 

 

 

長く続けて、好きだけど嫌いだった書道が、大好きになれば良いな。

心地よい暮らしに

はじめまして ゆりこです。

 

ブログを始めてみました。

シンプルライフを目指して、色んなものを少しずつ断捨離しています。日々、心地よい暮らしに。

 

“素直に シンプルに マイペースに”がモットーな私が、好きなことを好きな言葉で紡いでゆきます。

 

映画や本や芸術鑑賞のこと

旅や占いや花のこと

シンプルライフのこと

ブログは好きなことをメインに、書くつもりです。

 

自分の “好き” をもっと明確に

そして、自分の気持ちや考えを言葉にする練習になればいいな。