読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心地よい暮らしに

ブログ始めてみました。シンプルライフを目指して、色んなものを断捨離中。心地よい暮らしに。

マイルール

毎週末恒例 窓と床の拭き掃除、それからクローゼットの整理をしました。

 

宝塚歌劇団のOGの方がテレビ番組で話していた『宝塚学校の掃除は徹底していて、玄関の窓ガラスがピカピカすぎて、鳥が窓があると思わずぶつかったことがある』というお話に刺激を受け、私も窓をいつも以上にピカピカに磨きました。

クローゼットの整理では、なかなか出番のなかったショルダーバッグを手放すことにしました。

 

 

 

数年前から始めている断捨離

はじめこそ一気に断捨離したものですが、それ以降は、週末の掃除や整理整頓の時に少しずつ少しずつ物を手放してきました。

 

断捨離する際、どうしてそれが必要なくなったのかどうして断捨離しようと思ったのかを、メモするようにしています。

こうすることで、買い物する時に同じ失敗をすることがなくなるので便利です。

今回は、その一部をご紹介。

 

 

 

 

【黒いパンプス】

2cmのローヒール

ラウンドトゥでシンプルなデザイン

革は硬めの牛革

サイズ21.5cmでセミオーダー

 

手放した理由

・履いていると小指が痛くなる

・革が硬すぎて全然馴染まないため、歩きづらい

・シンプルなデザインとスムースの黒い革で、私が履くとリクルートパンプスのように見える

 

足のサイズが21.5cmなのですが パンプスとはいえ、きちきちでオーダーしすぎました。あの硬い革でぴったりサイズは、馴染むまでも耐えることはできませんでした。

また、ネットでのセミオーダーだったため、着用せずの購入でした。これ以降ネットでの買い物は、リピート商品や 店頭で実物を見たことのあるもののみにしています。

 

買い物のマイルール

・実物を見ていない 触れていない物は、ネットショップで買わない

・特に服や靴は、着心地 履き心地を確認してから買う

・気に入っても、自分の洋服とのバランスが合わなければ買わない

 

 

 

【ショルダーバッグ】

ブラウンのサッチェルバッグ

A4サイズが横にすっぽり入る大きさ

革は硬めの牛革

 

手放した理由

・硬い

・肩がこるほど重い

・大きすぎて使いにくい

 

サッチェルバッグの見た目が好きで、可愛くて買いましたが、なかなか出番がなかったこちらのショルダー。革が硬いのに加えて大きすぎたため、とにかく身動きが取りづらかったです。

また、買った当時は書類や資料や本が必須な仕事をしていたため、荷物がいつも多かったんです。でも転職してからは、この鞄は大きすぎました。

 

買い物のマイルール

・革製品の革は、柔らかいものを選ぶ

・身につけるもので重いものは買わない

・自分の身体にあった大きさを選ぶ

・自分のライフスタイルにあった大きさを選ぶ

 

 

 

これは一部ですが、二つを例に挙げただけでもわかることがたくさんあります。

私の場合 身長が150cm台と小さいこと、骨格診断ではウェーブタイプだということから、オーバーサイズや硬い素材はしっくりきません。それが如実に現れています。(買った当時は、もちろん知らずに買っていました。)

また、買い物の仕方も大切ですね。実際に見て、触れて、着用してから買うのとネットで写真だけ見て買うのとでは大違い。当たり前のことなのに、ネットショッピングに慣れてしまって忘れてしまっていました。

それから、妥協はしないということも大切だと思います。その場ではそんなに気にならないから少しぐらい妥協して買ったとしても、自分と共に過ごしてゆくうちに あれ?なんだか違う気がする…と違和感を感じると思うのです。

 

たくさん失敗してきたけれど、今となってはどれもが良い勉強でした。

普段使いする物は私らしいもの、好きなもので固められてきましたが、ワードローブに関してはまだまだ完成していません。失敗を活かして、のんびりマイペースに でも確実に、理想のワードローブを作り上げていきます。

 

 

 

スーツもしくはセットアップをオーダーメイドで作っていただくことになっており、来月 仕立屋さんに行くことになっています。

末長く付き合っていける私だけのお洋服に出会えるのかと思うと、とってもワクワクします!

 

またブログに書きますね。